銀行系ローンの御相談なら、東京都新橋駅すぐの弁護士事務所、あすなろ法律事務所にお任せください。

〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目20番3号虎ノ門法曹ビル201号

お電話でのお問合せはこちら
0120-146-003
受付時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

民事再生Q&A

民事再生は借金があれば誰でも手続することができるのですか?

民事再生は手続をするにあたっての条件があります。まず1つは『住宅ローンを除く借金総額が5,000万円以下』であること、 2つ目は『将来において継続的、または反復して収入を得る見込み』がある方という2つの条件に該当する方であれば、民事再生手続ができます。

民事再生は、ローンの残る車は手放さずに手続できますか?

民事再生は一部の債権者を除いて債務整理をする事ができないため、ローンの支払いが終わっていない車は原則引き上げられてしまいます。どうしても車を手放したくない場合は、任意整理などを考えてみるとよいかと思われます。

民事再生は、浪費やギャンブルが理由の借金でも手続ができるのですか?

民事再生は借金の原因が浪費やギャンブルでも手続ができます。

ローンのない家は取られてしまいますか?

家は取られません。しかし、ローンのない家を所有している方が民事再生手続きをした場合、その家の財産価値相当分の支払いをしなければならないのでローンのない家を所有している場合、民事再生手続以外の債務整理手続または、全く別の方法を検討するべきでしょう。仮にその家に居住していなければ売却により借金を清算することも視野に入れて検討して下さい。

民事再生をすると今後、ローンなどは組めないのですか?

民事再生手続をするとその後、信用情報機関に登録されるため約7年くらいの間はクレジット・ローンの利用ができなくなります。けれども一生、ローンが組めなくなるわけではなく、この登録期間が過ぎれば、これまでのようにローンも組めるようになります。

民事再生の手続ができない場合はどうなりますか?

民事再生の再生計画案が認可されずに手続ができないような場合には、破産や任意整理等の方法がありますので、弁護士にご相談下さい。

民事再生の手続はどれくらいで終わりますか?

裁判所の手続は民事再生手続開始の申立から始まり、再生計画の認可決定で民事再生手続の終了となります。一般的には6ヵ月程度です。その後、再生債権者の支払が始まり、原則3年間返済し、無事に返済を終えると終了します。

民事再生をすることを家族や親戚に知られたくありません。知られずに手続できますか?

個人民事再生だけにかかわらず、これらの債務整理手続はいくら家族であるとはいえ基本的に個人の問題ですので、家族といっても知られることはありません。ただ、裁判所や債権者から郵便物が送られてくるので絶対に知られずに手続をすることができるという保証はありませんが、弁護士に頼めば、弁護士がすべて代わってやりますので、そのような心配はありません。

民事再生の手続は自分でもできますか?

個人民事再生手続は必要書類を作成し、提出準備をすればご自分でも可能です。けれども、民事再生の手続は、債務整理の中でも最も複雑な手続を踏みますので、一般の方には困難であると思われます。弁護士に手続を依頼した場合は、必要書類作成から申立て、裁判所とのやりとりなど、すべてを弁護士が代理で行うことになります。

民事再生をすると会社に知られてしまいますか?

民事再生をしたということを会社に通知することはありません。けれども、例えばその勤務先やその関連会社などから借り入れをしていたりする場合にはその会社も借入先の1つとなりますので、会社側にも知られてしまいます。社内融資や、保証人の借入がなければ、自分から口にしない限り、会社や周囲にも知られることはありません。

民事再生手続後、その支払いがきつくなってしまったらどうすればいいですか?

民事再生の手続を行った後に支払いがきつくなってしまい、万が一支払い不能状態になってしまいそうな場合には、民事再生計画案を変更して2年間の延長を認められる場合がありますが、それでも返済が困難な場合は自己破産することになります。けれども、民事再生は予め安定した収入が見込める方で、尚かつ収入に基づいた無理のない返済計画を立てるため、月々の返済額はこれまでの支払いが滞っていた状態の頃よりもはるかに減額された債務額となっています。せっかく返していこうと決意をして手続をしたわけですから返済計画案に沿って毎月きちんと返済をして行けば、自己破産をしないで済みますし原則3年で終わります。最後まで返していけるようにがんばりましょう。

民事再生はフリーターでも手続可能ですか?

民事再生はアルバイトなどフリーターの方でも将来的に安定した収入が得られる方であれば手続は可能です。

民事再生を行なうことによって保証人に迷惑はかかりますか?

民事再生を行うことによって手続を行う本人は債務の減額という効果が得られますが、保証人はあなたの代わりに全責任を負うことになります。ですから場合によっては保証人も何らかの手続を考えなければならないこともあります。あまりに突然ではびっくりしてしまうので保証人の方にはあらかじめ、自分が民事再生を行おうと思っている旨をきちんと伝えておかなくてはいけないでしょう。

民事再生を行なうと加入している生命保険は解約しなければいけませんか?

民事再生は自己破産とは違い財産を残しながら債務整理できる手続です。ですから原則、生命保険は解約する必要はありませんが、例えばその保険の解約返戻金が高額になる場合には、返済総額に影響が出てきますのでこうした場合には保険を解約した方がよいでしょう。

民事再生手続は借金をどれくらい減額できますか?

500万円未満→100万
500万円以上1500万円未満→2割
1500万円以上3000万円未満→300万
3000万円以上5000万円未満→1割。

民事再生手続申立て後、手続期間中も支払いを続けるのでしょうか?

弁護士に頼んだ場合、再生計画認可決定までは支払いはしなくても良いです。債権者からの取立てや督促も止まり支払いが一旦ストップします。住宅ローンは裁判所から許可を得て、そのまま支払を続けます。

民事再生は裁判所で面接があると聞きましたが、どのような事をするのですか?

裁判所ごとに取り扱いが違います。東京の場合は裁判所に行く必要はありません。その代わりに民事再生委員との面談が必要となりますが、弁護士が同行しますのでご安心ください。

民事再生手続をすると、住民票や戸籍に載るのですか?

民事再生に限らないことですが、債務整理を行っても、住民票や戸籍謄本にその事実を記載されるようなことはありません。自己破産と同様、官報という政府発行の新聞に載るだけです。いわゆるブラックリストという信用情報に記載されますが、これに登録されるのは約5年~7年の一定期間ですので一生個人の情報が記載されたままということはありません。

民事再生をした場合の具体的なデメリットは何ですか?

民事再生だけではなく他の債務整理も同様ですが、デメリットは、まず信用情報へ登録されます。その間はローンやクレジットが利用できなくなるということです。自己破産と民事再生については、政府の発行している官報に記載されますが、一般の人が官報を見ることはまずありません。民事再生の場合は、自己破産とは違い財産を手放さずに債務整理をするものなので、それ以上の不利益な要素は特にないといってもよいです。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-146-003

当事務所は、特段の事情がない限り、お電話とご郵送のみでのご依頼は、承っておりませんので予めご了承ください。

 遠方にお住まいの方のため、当事務所までお越しいただけない方につきましては、出張無料相談会を各地で実施しております。

 日程で都合のつかない方もまずはお電話でお問い合わせください。お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5251-8971

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表者プロフィール

代表弁護士 山枡 幸文
弁護士会登録番号

No:20055

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

あすなろ法律事務所

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-8971
住所

〒105-0003 
東京都港区西新橋1丁目20番3号

虎ノ門法曹ビル201号

オフィシャルサイト
専門サイト