銀行系ローンの御相談なら、東京都新橋駅すぐの弁護士事務所、あすなろ法律事務所にお任せください。

〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目20番3号虎ノ門法曹ビル201号

お電話でのお問合せはこちら
0120-146-003
業務時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

自己破産体験者の声

自己破産を体験された方から解決のヒントを!

自己破産で多重債務生活から解放!

 自己破産を選択され借金に終止符、普通の生活を取り戻され明日への希望を取り戻された方々の声です。

主人の病が原因で生活が一転(47歳 女性)

友人の借金を保証して自己破産に(48歳 男性)

気が付くと自己破産に(33歳 女性)

多重債務で1000万の借入。自己破産することに(41歳 男性)

自己破産はしたくなかった(38歳 男性)

650万の借金を抱えて自己破産に(36歳 男性)

 

主人の病が原因で生活が一転(47歳 女性)

 主人と共働きの二人生活、かなり贅沢な生活をしてました。新車の買い換え、海外旅行、ブランド品の買いあさりなど全てがローンを組んだり、カードを使えばポイントが貯まるから得!と借金を重ねていましたが、当時は収支のバランスがとれていました。


 しかし、5年前、突然主人が倒れて闘病生活になり生活が一転。こんな時の保険も入っておらず、更に主人の収入が途切れて一気に収支バランスがくずれ、実家や兄弟にもお金を借りて治療費に充てたのですが限界。

 気がつけば手持ちのカードが増えて限度額一杯、サラ金にまでも頼ってしまいました。
 

このまま私はどうなってしまうんだろうと不安と恐怖の毎日。弟からネットの情報を教えてもらい無料相談に電話しました。解りやすく教えてもらい、収入より支払が多いのにそれをまだ返済していこうとしか思いつかなかった馬鹿な自分に気づかせてもらいました。

 手続きが済むと即座に取立がなくなりました。

 借金がなくなって、収入だけでやり繰りできるようになり、主人も回復に向かっています。夢中で借金を重ねて、それが更に迷惑を掛けてしまったことに申し訳なく心残りです。

友人の借金を保証して自己破産に  (48歳 男性)

 平穏なサラリーマン生活でマイホームも手に入れ家族4人で幸せな日々を過ごしておりましたが、友人の頼みで保証人を受けたのが事の始まりでした。

 5年程前に友人の会社が倒産して弁済をすることになってしまいました。家族の貯金も返済に充て、みんなで協力して我家を護ろうと必死でしたが、夢も希望もない返済生活を続けていくうちに家族も精神的にも疲れ果て攻める言葉や愚痴が毎日のように続き、とうとう子供達2人は家を出ていってしまいました。

 何のために働いているのか解らなくなり、自殺をも考えました。そんな頃にインターネットであすなろ法律事務所を知り、思い切って電話をしました。

 親切丁寧に説明を受け不安な思いがなくなり、手続きをお願いしました。早速に督促や請求の電話が止まり、給料も返済ではなく貯金できるようになりました。

 それから半年ぐらいしてマイホームとお別れ、アパートを借りて引っ越しすることになり寂しさが湧いてきました。引越の手伝いになんと子供達が来てくれて家族の絆が元に戻り、もう一度マイホームを手に入れようと言ってくれました。

 思えば6年間、無駄な人生を過ごしたことを家族に詫び、もっと早く解決すれば良かったと後悔。家族と共に新しい希望が湧き、もう一度やり直すんだと堅い決意を誓いました。

気が付くと自己破産に (33歳 女性)

 地元の短大を卒業後、就職を期に東京へ上京しましたが、社会人になると学生では味わえない楽しさがあり、入社したての時期からお給料のほとんどをブランド品や服、交際費として使い、月末にはすっからかんな状態を繰り返し、それでも足りずに生活費や交際費にカードを使って生活していました。

 欲しいものを買ったり旅行に行ったりする度にカードを使い請求書が溜まり、給料の大半は返済に当てるようになり、そのうち追いつかなくなりました。

 サラ金でお金を借りる事だけはやめておこうと思っていたのですが、そうもいかなくなりレディースローンでお金を借りました。レディースローンと聞くと、なんとなく変な安心感もありました。

 返済するために働き、借金をする生活は苦しく、どんどん借金は増えていきました。両親には自業自得だと言われ自分で解決しなさいと見放され、悩んだ末、思い切って相談に行く事にしました。

 この歳で自己破産なんて。と思いましたがそうするしかありませんでした。無知で無計画な私が招いた事です。かなり反省しました。

多重債務で1000万の借入。自己破産に (41歳 男性)

 自営業をしていましたが、取引先の入金の未納が続き、やがて倒産。従業員も数人雇っていましたし、赤字ぎりぎりラインでの経営でしたので、その損害に対応できずにあちこちに借金をして、あっという間にサラ金6社からの総借入額は1000万にもなっていました。

 自己破産の申請をしていただき、その後は借金からの苦労から開放されました。感謝しています。取引先の倒産がなければ問題なく経営していたかもしれませんが、今回のことで多くの人達に迷惑を掛けたこと、今まで頑張って得てきた財産を失った事がが忘れられません。

 いつまでも過ぎた事を言っていても前に進みません。これからはまた家族と一緒に新しくスタートして行こうと思います。

自己破産はしたくなかった  (38歳 男性)

 会社勤めをしていましたが独立して、システム関係の会社を起業しました。数年は順調に経営していましたが、資金繰りが大変になり消費者金融からの借入を重ねながら生活をしていました。

 このままでは破産してしまうと思い自己破産についての本や自己啓発本などを読んだりして知識も得たつもりですが、やはり現状は変わらず借金額は1500万以上になってしまいどうしようもなくなってしまいました。

 始めて自分で起こした会社なので思い入れもあり、「これくらいなら頑張ればまだ返せる!」と思っていたのですが、やはり会社を続けるとなると収入より出費リスクの方が大きいのは分かりきっていましたし、返済が追いつきません。

 なんとかして返済したかったのですが、不運には不運が重なるもので体調を崩してしまいました。自己破産せざるを得ない状況になり相談に行きました。

 自己破産手続きに関する説明など親切に対応して頂きありがとうございます。自己破産により借金はなくなりましたが同時に自信もなくした気がします。でもそんなことは言っていられず、再チャンスを与えてもらった今、これからは自分自信の新たなスタートだと思いまた頑張って行こうと思います。

650万の借金で自己破産に  (36歳 男性)

 私は会社勤め3年目で1人暮らしをしていました。自己破産をした理由は、生活費の足しにという軽い気持ちで、某消費者金融の無人機でカードを作り、お金を借りたのがきっかけでした。

 身分証と必要事項を記入するだけで簡単にお金が借りられてしまう。なんの罪悪感もなく安易な気持ちで借りました。「来月の給料日に返せば大丈夫」と思っていたのですが、翌月の思わぬ出費でその月は返済ができませんでした。

 なんとなくこんな借入を繰り返し、ボーナスで一括返済すれば大丈夫などと考え直したりして、贅沢して遊んでいました。ボーナスは不景気のあおりで当てにならず、借金はどんどん膨らみ一気に不安になってしまいました。

 その後は、借金を借金で返すという悪循環に陥り、最終的には650万円になっていました。罪悪感から家族にも話せず悩み、自分ではどうにもならなくなっていました。

 あすなろ法律事務所を訪ね、相談すると債務整理について分かりやすく説明して頂き、自己破産する事になりました。今の自分と今後の自分をみつめ直す事ができ、同時にホッとしました。

 つい最近まで1人で悩んでいたことがウソのように精神的にも楽になりました。

自分で撒いたことですが、二度とこんな思いはしたくありません。今後は気持ちを入れ替えて生活していきたいと思います。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-146-003

当事務所は、特段の事情がない限り、お電話とご郵送のみでのご依頼は、承っておりませんので予めご了承ください。

 遠方にお住まいの方のため、当事務所までお越しいただけない方につきましては、出張無料相談会を各地で実施しております。

 日程で都合のつかない方もまずはお電話でお問い合わせください。お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

業務時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-5251-8971

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表者プロフィール

代表弁護士 山枡 幸文
弁護士会登録番号

No:20055

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

ご連絡先はこちら

あすなろ法律事務所

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-8971
住所

〒105-0003 
東京都港区西新橋1丁目20番3号

虎ノ門法曹ビル201号

オフィシャルサイト
専門サイト